グルコサミン サプリ

水晶体がどのように硬化して老眼になっているのか

 

グルコサミンが注目される理由

 

グルコサミンが注目されている理由は「ひざなどの関節痛」を緩和する効果が期待できるという点から注目されています。

 

ひざなどの関節痛で悩んでいる方は、関節部分にある「関節軟骨」というクッションの役割をはたす部分が、年齢と共に徐々にすり減ってきていることが原因で痛みを生じている場合がほとんどです。

 

このすり減ってきた「関節軟骨」を改善する効果が期待できるのが「グルコサミン」です。グルコサミンは、1960年代ごろらからドイツで注目され始めて、その後アメリカなどを初め世界の多くの地域で利用されています。

 

日本では2004年頃には既に注目されていましたので、10年以上も前から人気のある商品のようですね。

 

グルコサミンとはどういうものなのか?

 

グルコサミンが、私たち体にある「軟骨」や「じん帯」「爪」などを形成している、「ヒアルロン酸」や「コンドロイチン硫酸」の原料として使われているのが「グルコサミン」です。

 

グルコサミンは、もともと体内で生成される「アミノ糖」の1つで、ブドウ糖の「グルコース」と、グルタミン酸から生成されています。

 

グルコサミンが不足してくると、体のさまざまな部分で使われる「ヒアルロン酸」や「コンドロイチン」が不足してしまい、体にさまざまな影響を及ぼしてしまうため、体にとって「グルコサミン」はとても大切な物なのです。

 

ですから、出来るだけ体の不調が出始めた時期に「グルコサミン」を早めに補うことが大切なんですね。

 

水晶体がどのように硬化して老眼になっているのか

 

老眼というのは水晶体が硬化することにより弾力性がなくなることによって引き起こされています。加齢によって全身の筋肉などが落ちていきますが、それだけではなく水晶体も硬化していき、それが原因で老眼になってしまいます。

 

ですが、この水晶体の硬化というのは水晶体がどういう変化をして引き起こしているのか過程について説明します。そもそも水晶体に関してですが、これは袋状に密閉されている組織であり、成分はタンパク質になっています。水晶体が硬化する前の20代や30代前半なら新陳代謝もいいので新しい細胞が作られます。

 

ただ、新陳代謝がいいと皮膚などは古いものが剥がれていき、新しい皮膚ができますが、水晶体に関しては皮膚と違い、古い細胞は奥に入っていき水晶体の中心に古いものが集まっていく形になります。そして水晶体はどんどん大きくなっていきます。

 

また、加齢や活性酸素によって代謝も悪くなりますので、それによって水晶体に酸素や栄養が届かなくなり、それによってタンパク質などが酸化して劣化、そして硬化してしまいます。

 

水晶体の硬化によって老眼になりますが、この硬化するメカニズムというのはこういった流れになっています。水晶体が硬化したらもとに戻すということは出来ませんが、硬化の進行を止めることは可能であり、それによって老眼の進行を遅らせることは出来ますので常にそのことを考えておくといいでしょう。

 

もちろん老眼は最終的に進行が止まりますが、そうなるともちろん今より見えなくなりますので、出来るだけそうなる時期を遅らせるようにしてください。

 

加齢黄斑変性の手術方法

 

加齢黄斑変性は萎縮型と滲出型とがありますが、日本人の場合は多くが滲出型の加齢黄斑変性となっています。

 

黄斑」は、網膜の中心部で、物を見るという行動において特に重要な部分です。加齢黄斑変性とは、黄斑が加齢によって障害されるのですが、滲出型と言われるケースでは新生血管という異常な血管が生じることにより起こります。

 

加齢によって網膜と脈絡膜の間には、老廃物が溜まりやすくなり、これの排出を助けるために脈絡膜から新生血管が伸びてくるのですが、これが非常にもろく、破れて血管壁から血液成分や水分が漏れ出すことによって黄斑部の視細胞を障害するのがこの病気です。

 

ですから、治療のためには、新生血管を抜き取ってしまう「新生血管抜去術」や、黄斑部の網膜をいったん剥がし、新生血管のない場所に中心窩を移動させる「中心窩移動術」が行われています。

 

基本的に加齢黄斑変性の手術となると大掛かりで、しかもリスクが大きいので、できるだけ最近は行わないようにしています。治療に際して主流になっているのは新生血管に注射で薬剤を送り込む「抗VEGF療法」や、弱いレーザーによって新生血管を内側から破壊する「光線力学的療法」、レーザーで新生血管を焼き切る「レーザー光凝固術」などが用いられています。

 

加齢による病気ですから、確実な対策が難しいですが、早期に発見して治療を行えば、それだけ視機能は守りやすくなりますから、変だと思ったら早めに医療機関で相談して適切な対応を検討しましょう。

 

こちらを参考に>>>http://xn--vck8crc092vkphtnics3aks2e.net/

 

アレルギーの人と動物性たんぱく質

 

アトピーやアレルギー性鼻炎などで悩んでいる人は、動物性たんぱく質を控えめにすると良いらしいです。そして、玄米や野菜中心の食生活にするのです。アレルギー性鼻炎で鼻水が出たりするのは、体の中から余分なものを出そうとしているからだそうです。

 

日本人はもともと農耕民族でした。なので、最近のような欧米人と同じ食生活は体にあっていないのです。動物をたくさん食べ続けてきた欧米人とは、体が違うのです。日本人は、大地で育った作物を食べ、海藻や魚を食べて生きてきたのです。そのような食生活をする体に出来上がっているのです。

 

そういうわけで、動物性たんぱく質はあまり必要ないのです。具体的には肉や卵、乳といったものです。まったく食べないのも問題なので、控えめにするということです。たんぱく質なら、豆類にもたくさん含まれています。たんぱく質を摂取できるのは、動物からだけではないのです。

 

ヨーグルトやチーズのような欧米人と同じものを食べるのではなく、乳酸菌を摂取したかったら糠漬けやみそ汁、納豆などが良いのです。漬物は、自分でつけるのが良いでしょう。添加物だらけのスーパーの漬物は良くありません。

 

白米ではなく玄米がおすすめです。白米というのは、血糖値が急上昇するのです。するとインスリンが大量に分泌されてしまい、血糖値が急激に下がることになります。そして低血糖状態を招くのです。白い食べ物は悪玉菌を増やします。これは、アレルギーを悪化させることにつながります。

 

アレルギー性鼻炎に良いサプリは?辛い鼻水・鼻づまりにこれ!

 

 

 

 

 

更新履歴