なぜ関節痛にグルコサミンは効果があるのか?

トップページ > なぜ関節痛にグルコサミンは効果があるのか?

なぜ関節痛にグルコサミンは効果があるのか?

関節痛の原因のひとつに「関節の軟骨が減ってきている」ことが考えられます。

 

この関節の軟骨は関節同士の「クッション材」の働きがある物で、このクッション材が減ってきているために、骨同士がぶつかり合って痛みの原因となっているケースがあり、この原因を解消するのに「グルコサミン」が役立つといわれているからです。

 

「グルコサミン」は、軟骨を形成するにあたり必要な成分の「ヒアルロン酸」や「コンドロイチン硫酸」の原材料として利用されるからです。

 

ただし、このグルコサミンの効果は即効性があるわけではなく、ある程度の時間がたってから効果を感じる場合が多いようですので、サプリメントなどで「グルコサミン」を飲み始めて「直ぐ効果が出ないから」と止めてしまわずに、最低でも数ヶ月は飲み続けるようにしましょう。

 

関節痛以外にも効果のあるグルコサミン

 

また、グルコサミンを飲み続けることで「お肌の調子が良くなった」「爪の調子が良くなった」といった声も聞かれます。

 

これは、グルコサミンが「肌や爪の形成にも使われているため」ですので、飲み続けるほどに、調子が良くなるわけですね。

 

特に50代以上の「体内でグルコサミン生成能力が低下している」女性には特におすすめです。グルコサミンをサプリメントなどで飲み始める前の注意点としては、すでに医師などから薬を処方されている場合でその場合は、サプリメントを飲み始める前に必ず相談してから飲み始めるようにしてください。