グルコサミンを飲む際の注意点とは?

トップページ > グルコサミンを飲む際の注意点とは?

グルコサミンを飲む際の注意点とは?

すでにお医者様からお薬を処方されている人

 

すでに持病をお持ちの方で、お医者様からお薬を処方されている方は、グルコサミンのサプリメントを摂取するまえに相談しましょう。

 

クマリン血液凝固阻止剤を服用している人

 

クマリン血液凝固阻止剤を服用している人(ワルファリンまたははアセノクマロール含有)は要注意です。この「クマリン血液凝固阻止剤」は、心筋梗塞(しんきんこうそく)や肺塞栓症(はいそくせんしょう)、静脈塞栓症(じょうみゃくそくせんしょう)や脳血栓(のうけっせん)などの血栓塞栓症の予防と治療に用いられるお薬です。

 

ドイツ連邦リスク評価研究所の2009年8月14日付で発表した内容によると、グルコサミンとクマリン血液凝固阻止剤を同時に服用した場合「血液凝固阻止作用が強まることがある」と発表しています。

 

このため、これらのお薬を処方されている方が「グルコサミン」を摂取する場合は、必ずかかりつけのお医者さんに確認するように注意してください、

 

妊娠中または出産直後のお母さん

 

胎児や母乳に影響があるかどうかの研究データがまだ確立されていないため、念のため、かかりつけの産婦人科の先生に確認したほうが安心ですね。

 

エビやカニなどの甲殻アレルギーのある人

 

グルコサミンの多くは「エビやカニなどの殻」から抽出したものを使用しています。このため、「エビやカニなどの甲殻アレルギーのある人」は、グルコサミンを摂取するまえにアレルギー防止のお薬を摂取するなどの注意が必要です。