糖尿病患者がグルコサミンを飲む際の注意点とは?

トップページ > 糖尿病患者がグルコサミンを飲む際の注意点とは?

糖尿病患者がグルコサミンを飲む際の注意点とは?

グルコサミンは比較的安全性の高い成分ですが、糖尿病をわずらっている方にはいくつかの注意点がありますので、グルコサミンを摂取する前に、必ず確認するようにしてください。

 

血糖値の値に注意する

 

グルコサミンは、摂取することで血液中に流れる際に「血糖値が少し上がる傾向にある」という点です。血糖値が上がる範囲には個人差がありますので、極端に上がるかたは「グルコサミンの摂取は避けるべき」だと思います。

 

グルコサミン摂取後の血糖値を細かくチェックして、正常範囲内に収まるのであれば、グルコサミンの摂取は問題はないでしょう。

 

インスリンとグルコサミンの関係

 

糖尿病をわずらっている方は「インスリン」を使って血糖値をコントロールしていると思いますが、グルコサミンには「インスリンの働きを少し弱める事がある」という点です。

 

ここにも個人差がありますので、事前にかかりつけの医師に相談した上でグルコサミンを摂取するようにしてください。

 

サプリメント以外の商品も検討してみる

 

どうしてもグルコサミンを摂取できない場合は、サプリメントとして摂取するのではなくひざなどの痛みのある関節へ直接塗るクリームや、ヒザに使用する「サポーター」など、「内服するサプリメント」以外にもさまざまな「ひざなどの関節痛に効果の期待できる商品」を用意している会社もありますので、サプリメント以外のものも使用することで、「ひざなどの関節の痛みの緩和効果が期待できる」と思いますので、別の方法を試して見ることをオススメします。