水溶性ケイ素って何?

トップページ > 水溶性ケイ素って何?

水溶性ケイ素って何?

発売しているメーカーによって水溶性ケイ素の名称は異なっています。高純度ケイ素濃縮溶液と呼ばれることもありますし、水晶抽出水溶性ケイ素と呼ばれていることもあります。

 

これ以外にも、水晶水とか、水晶エキスという名前で販売されていることもあります。どうやって水溶性ケイ素というのは作り出されているのでしょうか?

 

まず2000度前後の温度で高純度のシリカを溶解していきます。そして、シリカを溶解すると、ケイ素がガス状になります。ガス状になったケイ素を集めて、不純物を取り除いて結晶にするのです。この結晶を再び溶解したものが、高純度ケイ素濃縮溶液となっているのです。

 

今までは技術的な問題で、水に二酸化ケイ素を溶解させることは難しかったのですが、メーカーのたゆまぬ努力によって、水に二酸化ケイ素を溶解させる技術を編み出しました。

 

そして石英を水溶液にしたものが水溶性ケイ素水であったり水晶抽出水溶性ケイ素となっているのです。

 

水溶性ケイ素というのは、水に対して完全に溶けるという特徴があります。ですから、ケイ素を体内で浸透させやすくしていくことができるようになっているのです。

 

普通の水と比べて、浄化作用が非常に高いということで、色々な分野で水溶性ケイ素水が注目されています。特に美容関係やスポーツ関係の関係者からの注目度が高くなっています。

 

水溶性ケイ素水は、名称を見るとケイ素だけが含まれているようなイメージを持っている人もいるかもしれません。確かにケイ素も当然含まれているのですが、この他にも、リンやリチウム、マンガン、マグネシウム、鉄分、ナトリウムといったミネラルも含まれています。

 

人間が生きていくためには、ケイ素は欠かせない成分となっています。ですが、ケイ素をそのまま摂取しても、吸収されにくいため、摂取しても意味があまりありません。ケイ素をしっかり吸収させるためには、浸透力がある水溶性ケイ素水を飲む必要があるでしょう。

 

ケイ素以外に水素もおすすめ

 

体内の浄化、老化防止作用にはケイ素以外にも水素がおすすめです。水素は還元力があるため老化の原因となる活性酸素を撃退する働きがあります。水素の補給には効果の高い水素のサプリが良いですよ!